スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積水ハウス2回目

積水ハウスさん2回目の打合せです。
そして1点訂正があります。

積水ハウスさんと1位回目の打合せで手書きの間取り図を貰ったと書きましたが
1回目の打合せでは展示場でお話した要望を反映させた
手書きではない公式?正式な間取り図でした。
しっかりしたファイルに入ってました。
そろそろ記憶が曖昧になってきたので急いで書き溜めないと…
といった感じです。

さて、2回目の打合せでは前回の変更点を取り入れた手書きの間取り図になります。

S1F.jpg


広いLDKにリビングを囲むように配置されたウッドデッキ
そして外からでも入れるように配慮されたオーディオルーム
私の水槽がドンッっと置かれてるのが気になりましたが
積水さんの間取りはいつも大好評です。

最終決定した間取りから比べると影も形も無いかもしれませんが
基本的には上の間取り図からスタートしたと言っても過言ではないのかもしれません。
本当にこの時までは積水ハウスにしようと夫婦の中では決定していたんです。

そしてこの日の打合せの中で、これは良い!と思えるアイデアが生まれました。
少し見難いですが上記間取り図には左上に書斎がとられています。
でも1Fに書斎はいらないので、それならここを広い玄関収納にしてしまおうということになりました。
また、玄関収納内のリビング側に水槽を置いてリビングと隣接する玄関収納の壁に穴をあけます。
こうすることでリビング側からは水槽鑑賞のみにして、メンテナンスは玄関収納から行います。
水槽のメンテナンスは何かと床に水がポタポタ零れるんですが
玄関収納なら床はタイルなので何も問題ありません。
このアイデアは嫁さんにも大好評で大型水槽導入が一歩前進しました。

さて、トントン拍子に積水ハウスさんとは打合せ進んでいるように見えますが
実は不満点も色々と出てきています。

その中でも決定的な差があります。
それは進行速度が遅い…というか担当がすごくのんびりなんです。
打ち合わせ回数でいうと2回と3回なのでそんなに差が無いように見えますが
大和ハウスさんは間取りが完成したら打合せ前でも家まで持ってきてくれます。
なので次回打合せはこちらがある程度間取りを確認した状態から臨めるのに対して
積水ハウスさんは文字通り2回しか会ってないのですごく話しが進むのが遅いんです。
打合せ回数的には1回しか変わりませんが内容でいうと3倍も4倍も大和ハウスさんのほうが進んでいます。
といっても、印象は積水ハウスさんに軍配が上がってます。
上記でも書いたように私達の中ではほぼほぼ積水ハウスさんで決まっていました。
でも…
これが5月2週目(日)の話しになります。

次回、大和ハウスさんと4回目の打合せになりますが
ここで大逆転劇が起こります。
お楽しみに

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 家を建てる
ジャンル : ライフ

新築に取り入れたいアイデア集

新築を建てた後に
「こういう設備あったんだー、知ってたら取り入れたのにー」
という事になるのが一番残念な気がしたので、こういったことにならないように
ネットとか住まいの本を時間のある限り読み、調べ倒しました。

その中から今回取り入れようと思ったアイデアや設備、またこれだけは譲れないという要望を紹介します。

1.大きな水槽を眺められるリビング
これ重要です。趣味で熱帯魚飼ってるんですが、せっかくなので新築には大きな水槽を置こうと思います。
それもリビングにドンッと置くんじゃなくて、リビング側からはあくまで鑑賞のみ。
この辺り上手く工夫している人はいないかネットで探していたんですが
どれも自分のイメージとは違うものばかり…どうしようかなと思っているところに見つけました!
その人は壁に水槽鑑賞用の穴を開けて、リビング側は鑑賞のみ。
メンテナンスはリビングに面した隣の部屋から行っていました。
その人のブログには間取りや写真が詳しく載っていたので
担当者にとりあえずこれ見て!とiPadに写真入れて打合せの度に見せていました。

2.リビングに間接照明
これは積水ハウスさんの納得工房に行った時に見せてもらったんですが
そこには通常のシーリングライトと間接照明の違いを体感できるスペースがありました。
実際に体感してみて、照明の違いにびっくり!
同じ部屋なのに照明の違いで部屋の広さのイメージが全然違うんです。
間接照明をメインに使うほうがすごく広く感じました。
これには嫁さんも私も納得。
新築で建てる際には絶対リビングに間接照明を入れようということになりました。

3.壁掛けテレビ+リビングシアター+作りつけ集合棚
最初の要望に壁掛けテレビがあって、壁掛けで配線がテレビから垂れるとかっこ悪いので
CD管を通して隠すことにしました。
そうするとCD管の出口をどうしようか、せっかく壁掛けにしたのにテレビの下にローボードがあるのも
何か違うなーと悩んでいるところに、父親の雑誌にうまく収納しているリビングシアターの紹介がありました。

living_tana.jpg

すごくシンプルです。
壁に埋め込めばよかったんです。
こうなればリビングシアターを導入しない手はありません。
基本的にウーハーはどこに置いても効果変わらないので棚の一番下に配置して
その上にAVアンプを配置、レコーダーやPS3関係も全部ここに収納して
AVアンプで一括管理することにしました。
せっかくなので7.1chホームシアターにしてサラウンド、バックについては全部インシーリング。
天井からのCD管やフロントスピーカー、センタースピーカーからのCD管も全てこの棚に集合です。
これも水槽のブログの人を参考にさせてもらいました。
これですっきりです。

4.ガンプラ塗装部屋
2Fに趣味のプラモ部屋を作って換気扇も作りつけて本格的な塗装部屋が欲しいと常々思ってました。
嫁さんの顔色を伺いつつ担当にあくまで書斎として注文。

5.タンクレストイレ
これは嫁さんの要望です。
トイレをタンクレスにして手洗いを別につけてほしいとのこと。

6.4枚窓+広いウッドデッキ
g013.jpg
この写真のイメージそのままです。
4枚窓に段差無しで繋がっている広いウッドデッキ。
これは絶対リビングに欲しかった仕様の一つです。

7.アイランドキッチン+全面キャビネット
とにかくLDKを広く見せたかったのでアイランドキッチンにしたいと思ってました。
また、キッチン続きでテーブルを横に並べるのも展示場で見て印象良かったので取り入れたいと思いました。

8.キッチンの近くに家事スペース
これも展示場で見つけたアイデアで最近の傾向としては
キッチンの近くに家事テーブルを付けることで子供が小さい間はここで宿題をさせたりするそうです。
これも夫婦共に納得のいくアイデアだったのでPCスペース兼、家事スペースとすることにしました。


当初予定していた要望としてはこれぐらいだったと思います。
ハウスメーカーと打合せを進める中で新しい要望が出てきたこともあったので
それはその記事の中で随時書いていきたいと思います。

こう見るとやっぱりオタク要素って無いですよね?
ただリビングシアターで一番見たい映画はガンダムUCです。
リビングの大画面で7.1chサラウンドを効かせて見るガンダムUC…憧れます!

それでは次回は予定通り積水ハウスさんとの打合せ2回目になります。
お楽しみに!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ : 家を建てる
ジャンル : ライフ

大和ハウス3回目

大和ハウスさんと3回目の打合せは<まちなかジーヴォ>という
「モデルハウスを実際に街中に作ってみました!」って感じの施設で行うことになりました。

というのも、私達の要望を含めて作った間取りに近い家が
私達の住んでる近くの「まちなかジーヴォ」にあるらしく
3回目の打合せはそこで行われることになりました。
ここで少し今までのおさらいです。


私達の第一希望…既存の空き家2宅を解体した上に大きく1軒建てること。

大和ハウスさんの希望…1宅を解体して、最大取れる間取りの家を建てる。

積水ハウスさんの希望…まずは私達の希望を最大限叶える方向で動きます。


という風に書くと大和ハウスさんがまるで
私達の意見を聞いてくれていないと感じる方もいると思いますが
これには理由もあるんです。

大和ハウスさんは私の両親の家も建ててるんですが
その時に土地に関する事は一度調べてもらっていて(もちろん解体予定の2宅も含めて)
そこが市街化調整区域というのも予めわかっての大和ハウスさんの希望でした。
やはり私達の希望を叶えるには申請等の手続きが大変で期間も費用もかかる。
それなら一番ストレートに建てることができる1宅解体のほうが良いのではということからです。

その中で出てきた1宅解体で土地を最大限利用した間取りと
「まちなかジーヴォ」の間取りが酷似しているので一度そこで打合せしましょう
という話でした。

こちらが「まちなかジーヴォ」の間取りです。

1F.jpg
1F

2F.jpg
2F

コンセプトは季節に合わせて間取りを手軽に替えられる…というものらしいです。
私達に提案いただいた間取りと上記間取りについては基本的な部分で同じでした。

しかし!

この間取りとコンセプトに対して妻が猛反対、それに併せて私の両親も猛反対
終始「ないわー、これはないわー」って言ってました。
つまるところ、そんな頻繁に家具とか移動せん!という話しです。
つまり無駄という・・・とてつもなく残念な結果に。
上記感想を妻が私に言うので、担当にやんわり伝えるのに苦労しました。
私自身は面白いなーと思っていたんですが
家族の同意が得られなければどうにもなりません。
それに取って付けたように配置された私達の要望箇所も不満点がありました。
上記点を伝えると共に少し厳しい意見も伝えました。

1宅解体案で話しを進めるのは構いませんが
私達の希望は2宅解体案なので、大和ハウスさんには失礼ですが
2宅解体案で話しを進めてくれている積水ハウスさんが優先されますと…。

だってこうでも言わないとずーっと意味の無いやりとりをしないといけない気がしたので。
こう言われた以上は担当さんも対応せざるを得なくなったのか
次回からは1宅解体案と2宅解体案の両方で作業を進行して
申請の関係で行き詰れば1宅案にシフトする、という事になりました。

言って良かった!

これで大和ハウスさんとも前を向いて話を進められそうです。
この打合せが5月第2週目の土曜日でした。
次回は積水ハウスさんと2回目の打合せです。

ただ、積水ハウスさん2回目打合せの記事の間に
1回だけブレイク記事を挟もうと思います。
ブログのタイトルでもある「オタク」要素が全く無いとの意見を聞いたので…
私は自分がオタクとは認めてないんですがね…
それは記事読んでくれている読者さんに判断していただくことにしましょう。

ということで次回日記は新築に求めるオタク的要素です!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ : 家を建てる
ジャンル : ライフ

積水ハウス1回目

積水ハウスさんと1回目の打合せです。
基本的に積水ハウスさんとは「納得工房」と呼ばれる体験型施設での打合せとなります。
ここが割りと家から近いので便利でした。

積水ハウスさんとは展示場の時点である程度、どんな家にしたいかの要望を伝えていたので
この日は担当さん手書きの間取り図を用意してもらっていました。
基本的な要望は全て網羅されていて、コンパクトにまとまっている好印象の間取りに加えて
担当の人柄非常に良く、この時点では積水ハウス以外ないなーと思っていました。
更に積水ハウスさんは実家の空き家を2宅解体して1宅を建てる方向で最初から考えてくれていたのも
印象が良かったです。
(ダイワハウスさんは早々に無理と諦めていたので。。。)
この日は追加の要望を伝えたのと、納得工房内の見学で終わりました。

積水ハウスさんは焦らずゆっくり考えていきましょうというスタイルで
当時はとても印象が良かったです。
ただ、後ほどこれが決定的な差になるのですが。。。

この打合せがちょうど2013年4月3週目末になります。
この後、2週間空いて次回打合せはダイワハウスさんと3回目になります。
お楽しみに。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
プロフィール

ごーょし

Author:ごーょし
夢のまいほ~む

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。