スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各社の現地調査からダイワハウス打ち合わせ1回目

住宅展示場を回ったのが2013年3月最終週のお話で
その場で3社に現地調査を依頼してきました。

一番最初に現地調査にきたのはヘーベルハウスとダイワハウスでした。
ただ、ヘーベルさんは現地調査というよりかは
営業担当が一人で来て敷地の周りをフラーッと確認して帰るという簡単なものでした。
それに対してダイワハウスは営業担当と測量の方4~5人を引き連れて写真撮ったり
土地測量したり、ヘーベルさんと比べると真剣さが違いました。

そして何より驚いたのが積水ハウスさん。
積水ハウスさんはヘーベル、ダイワハウスさんの次の日に来ましたが
いきなり大きい機械持ち出して地盤調査を始めました。
これにはびっくり…
契約前なのにそこまでするのかと驚いたものです。

現地調査後、一番動きが早かったのはダイワハウスさんでした。
4月1週目に現地調査をして、その週末には調査結果を報告にきていました。
ここでは住宅展示場で担当ついた方に加えて、どういう訳か両親と姉の新築を担当した営業の方も挨拶に来ました。
(どうやら姉から連絡がいったようです)
「両親、姉に引き続き、是が非でも契約お願いしたい、3件目もあって割引めちゃします!」と熱く語っていました。
それと同時に土地に関して色々な問題点も浮き彫りになりました。

結論から言うと、現在の新築予定地は「市街化調整区域」にあたるので基本的に新築は出来ないという話でした。

(:3っ )へ?

でもまぁ、これに関しては薄々気づいている面もあって確か両親が新築するときに若干問題になっていたなと。
ただ、当時はそこまで建築法が厳しくなくて、色々な方法を駆使して合法的に建築できたが
数年前から厳しくなって、現在の建築法で建てるのは正直厳しいとのこと。

※市街化調整区域とは、簡単に説明すると自然の景観を残すため、やたらめったら家を建てるのは
景観を損なう恐れがあるので許しません!ということらしい。


ただ、こと我が家に限っては全く建てられないという訳でも無いらしい。
これを説明するには、まずどういう土地でどういう家を建てたいけど、どういうところが調整区域に引っかかるから無理というところから説明する必要がありそうです。


ということで次回はまず目指す理想の家について書きたいと思います。
(今日もまた文字だけだった)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 家を建てる
ジャンル : ライフ

プロフィール

ごーょし

Author:ごーょし
夢のまいほ~む

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。