スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間取り編~リビングシアター編~

当初、全く予定になかったリビングシアター案ですが
ダイワハウスさんとの打合せに使った部屋にONKYOさんとコラボした7.1chシステムが設置してありました。

この7.1chシステムはスピーカーが全てインシーリングスピーカー(天井埋め込み)になっており
AVアンプ+スピーカー×7本+ウーファーがセットになったパッケージです。
更にONKYOの専門スタッフが各スピーカーの設定までしてくれるというもの。
全て含めて値段は30万くらいしたと思います。

個人的にはすごく導入したかったのですが自称オーディオマニアの父親からSTOPの声が・・・!
(後、嫁さんからも・・・金銭的な意味で)
「リアのインシーリングはまだいいが、フロントの埋め込みはやめたほうがいい、迫力が段違い」とのこと。
それにこのセットで30万は高すぎるとのことでした。
うん千万の買い物に金銭感覚が狂い気味で気が付きませんでしたが
ホームシアターセットに30万はそりゃー高すぎますよね・・・。

でもどうせならリビングシアターも導入したいしーってことで
なるべく安価でそれなりに楽しめるリビングシアターを自分なりに色々と調べてみました。

まずはスピーカー
天井にゴテゴテとスピーカーをつけるのが嫌だったことに加えて
リアはインシーリングスピーカーでもいいとのことなので、ネットで価格や仕様を調べるもこれが結構高い。
それに「ハイインビーダンス」とか「ローインビーダンス」とか呪文のような単語の連続でわけわからんぞー!
ってことでダイワハウスのホームシアターセットのリア4つだけバラで注文できないか問い合わせるとOKとのこと。
約2万5千円×4本。

フロントのスピーカーは父親からトールボーイ型を勧められてたので、安価でそこそこ質のいい物を探します。
最終的に水槽ブログの方が勧めていたSONYのSS-F6000にしました。
本当はB&WのCM8が欲しかったのですが私には高すぎました・・・。
フロントについては今後、買い換えるということで、ひとまず暫定です。
約1万3千円(1ペア)
SS-F6000.jpg


センタースピーカーはフロントに揃えて同じシリーズのSONY SS-CN5000
約5千円
SS-CN5000.jpg


となるとAVアンプも同じSONYにします。
スピーカーとアンプはなるべくメーカーを揃えたほうがいいそうです。
エントリー向けで安価なAVアンプとして最近発売されたSTR-DN1040にしました。
Wi-Fi内蔵、Air Play対応、HDMI2系統出力、8系統入力です。
約4万円
STR-DN1040.jpg


ウーファーは現在使っているものがあるので0円(確かYAMAHA製)

ここまでくればエントリー向けリビングシアターの完成です。
総額およそ15万8千円!
半額近い値で出来ました。
実際の品質の差はわかりませんが、私のような素人には充分でしょう。

しかし…。

ここで止めておけばいいものの、父親に高級AVショップで有名なavacに連れていってもらって目覚めてしまいました。
そこで視聴した120インチのスクリーンがこれ見事なものでして…。
それに父親がプロジェクター買い換えるから古いのあげるなんて言うもんだから
(父親は既にプロジェクター+スクリーン持っている)

120インチスクリーン導入決定
電動スクリーン、120インチで約10万円

元々、リビングには垂れ壁作って間接照明いれてたから、そこに120インチのスクリーンも設置しました。
プロジェクターは父親のお古(ってもフルHD対応モデル)を天吊り金具使って天井設置。
お古なので0円です。

ということで総額25万8千円で120インチスクリーンのリビングシアターです。
最近では10万以内で性能の良いフルHD対応のプロジェクターも売っているので
プロジェクター買っても、ありなのではないでしょうか。


機器類は棚を作りつけにして全部そこに収める予定にしていたのと
テレビは壁掛けにしようと思っていたので、鬼のようなCD管の数を全て壁の中に埋め込んですっきりさせました。
スピーカー用7本
HDMI用(テレビとプロジェクター)2本
LANケーブルにアンテナ配線と色々ケーブルがあるもんだから
図面がおかしいことになってました。
spk_madori.jpg


ともあれこれで理想のリビングシアターは完成です!
(これも図面上では)
実際には壁掛けテレビの前にスクリーン下ろしてくるための微調整とか
垂れ壁は20cm以上壁から離したくない!でも垂れ壁の中に間接照明と電動スクリーン収めたい!
という私のワガママを叶えるために、これまた担当さんにはご尽力いただきました。

最終的には上手く収まったので、これも建て方の時に画像つきで説明いたします。
お楽しみに~


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 家を建てる
ジャンル : ライフ

間取り編~水槽設置~

5月最終週に仮契約は済ませたものの
間取りについてはまだ(仮)だったので、そこをつめる打合せが続きます。

自分の中でどうしても外せない要望として「L字型に開口した壁から見える水槽」と「広いリビング」がありました。
これだけはどうしても実現させたかったので打合せの度に担当を困らせていた気がします(苦笑

現状の間取りでは、どうやっても実現させることが困難なため
思い切って間取りそのものをガラッと変えることに。

大きな特徴としては東玄関が西玄関に変わりました。
そしてめちゃ広い玄関収納を追加。

これが功を奏したのか、要望がピタッと収まりました。

madori02.jpg

玄関収納内にペンで斜線がひかれている部分に水槽が鎮座します。
そしてこれに面した部分が開口されてリビングから見えるようになります。
これはイメージ通り!
この処理に関しては別段追加料金を取られることはありませんでした。

担当の配慮なのか、ダイワハウスの特徴なのかわかりませんが
他にちょっとした仕様を追加した中でも大工の造作で出来るものに関しては追加費用とられませんでした。
カーテンボックスとか垂れ壁とか。
(実際はどこかで料金取られてる可能性もありますが・・・)

ともあれ、私の要望は実現に向けて動き出すのでした。
しかし問題は山積みです。
まず担当も現場監督もこんな仕様は過去に一度の例も無いらしく全くの手探り状態です。
開口の幅はどれだけ取るのか、仕舞いはどうするのかとか…
私は私で水槽のサイズを決め兼ねている始末。
実際に水槽置いてみて全然寸法違うー!じゃ話になりませんからね。

頼りになるのはヘーベルハウスさんで実際に作られた方のブログのみ。
ブログやTwitterに掲載されている数枚の写真を頼りに試行錯誤しました。
これについては建て方の記事を書く頃にこの辺りの進行を写真と一緒に説明いたします。
お楽しみに~


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ : 家を建てる
ジャンル : ライフ

大和ハウス5回目(決定)

大和ハウスさんと5回目の打合せです。
(更新期間が開いたけど何事も無かったかのように始めてみる)

昨年の5月最終週、ダイワハウスさんに決めようと思っていましたが
間取り的な問題でどうしても納得のいかない部分があったので
その部分をつめました。

案1:2宅解体して大きく1軒建てる案(予算オーバー)
案2:1宅解体して小さく1軒建てる案(予算内)

ざっとこの2案で迷っていた事に加えて
解体予定の建物は父親がオーディオルームとして使っているので
新築するなら父親のオーディオルームを宅内に設けたかった。
(父親はいらないと言ってたけど、ここは譲れなかった)
案1にすると全て解決、でも予算オーバー
案2にすると家が小さい、オーディオルームも作れない、でも予算内

ダイワハウスさんとは常にこのジレンマとの戦いでした。
しかーし。
こんな状況を打開する新しい案がこの日生まれました。

「2宅解体して中間程度の家を建ててオーディオルームは現在両親が住んでいる家の2階をリフォームして作る」

父親は最後までオーディオルームの事は考えなくていいと言ってましたが、そうはいきません。
上記案には父親も納得してくれて、晴れてダイワハウスさんで正式にお願いすることになりました。

色々と省略している点もありますがダイワハウスさんにお願いするまでにこのような経緯がありました。
でも忘れてはいけません。
ダイワハウスさんに決めたから必ず建つというわけではありません。

そう、建築予定地が「市街化調整区域」なんです。
簡単に説明すると「自然の景観を守るためにこの区域で家を建ててはいけません」区域です。
これに引っかかると基本的に家を建てることはできません。
ある例外を除いては…
結果的に私の家はある例外に当てはまったので建てることができました。
この例外に当てはまるとわかったのも私の両親と営業さんが色々動いてくれたお陰です。
本当に感謝です!

市街化調整区域で困ってるそこのあなた!
まずはダイワハウスさんに相談してみましょう!


無事、ダイワハウスさんと仮契約を交わすのですが
たった5回の打合せで決めるというのは早い方なのでしょうか、それとも長い方なのでしょうか。
個人的な感想はたった5回の打合せでうん千万の買い物をするなんて不安で仕方なかったです。

そんな感じで私の最初で最後であろう、うん千万の買い物は幕を開けるのです。
そうです、契約が終わりではなく始まりです!

めーっちゃ長い前置きでしたが、次回から色決めやら電気配線やらが始まります!
「所謂オタク(認めたくない)が注文住宅を建てるとこうなるブログ」
はじまりはじまり~

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ : 家を建てる
ジャンル : ライフ

積水ハウス3回目

積水ハウスさんと3回目の打合せです。

ダイワハウスさんは5月中に仮契約を取りたかったようで打合せの度にかなり契約迫られていました。
積水ハウスさんと間取り図を比べて、ダイワハウスさんに不満があったものの
前回の打合せですごく納得のいく間取り図を提案されたので
この時点でもうダイワハウスさんに傾いていました。

しかし、まだ積水ハウスさんから正確な見積りを提示されていなかったため
料金的に納得のいく金額ならまだ検討する価値はあるなということで
急遽、現状の料金を教えてもらうためにアポを取りました。

料金提示された金額は家本体価格で300~400万ほど高く
家の広さも延床面積で5坪も狭いものでした。
(もちろん蓄電池のオプションも無いです)
ここから値引き頑張りますとは言ってましたが
値引きを頑張ってもらうほどの魅了もありませんでした。
(メーターモジュールはうらやましかったけど!!)

最終的に妻とも相談したかったので
その場で即答はしませんでしたが、担当も空気を察したようでした。
と、その時です。

担当がiPadである資料を見せてきました。
「ダイワハウスのここが悪い」資料集のようなものを…。
そこには積水ハウスと比べてダイワハウスはここが悪い的なものを
グラフと画像で詳細に説明されました。

こういう資料ってあるんだなーと思いつつ
この時完全に積水ハウスさんはやめようと思いました。


家選びって本当に営業担当で決まるんだなーとつくづく思いました。
例えば案件を5件かかえている営業と3件かかえてる営業では対応って全然違うと思います。
また入社年数でも差が出てきます。
多く案件をこなしてる営業ほど知識は豊富ですから。
そういった意味では積水ハウスさんとは良い営業担当に巡り会えなかったと思います。
平日資料取りにいきます、渡しにいきますと言いながら来たことなんて1度もなかったですし…
でも資金に余裕があるなら積水ハウスさんにしていたのは間違いないです。
あれ、というとやっぱり最終的にはやっぱり金ですかね!

この打合せが5月4週目の平日でした。
帰宅後、妻と相談してダイワハウスさんにお願いしようということに決まりました。
ともあれ、ダイワハウスさんも予算的に厳しいのは変わりないので
もっと良い条件を引き出すべく月末ギリギリまで契約は延ばすことにしました。

私達の中でハウスメーカーはダイワハウスに決まったところで
次回はダイワハウスさんと5回目の打合せです。

次回はお互いに条件の良いアイデアがうまれます。
ねばってよかった!
お楽しみに。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ : 家を建てる
ジャンル : ライフ

大和ハウス4回目

ダイワハウスさんと4回目の打合せは初めてのリビングサロンでの打合せとなりました。
そして4回目からは担当が一人になりました。
これには私も妻もラッキー!
担当が二人いると話も二倍になるので長くなって大変でした・・・。
主に子供が…。

この日は事前に頂いていた2案の図面についての打合せになりました。
といっても私達は2宅解体案しか頭に無かったので主にそっちの打合せになります。
やはり2宅解体する分、予算が厳しい・・・
ギリギリ建てられないことも無いんですが
建ててしまうと新居用に買わないといけないエアコン、カーテン、引越し費用までつぎ込むことになり…
でも、ローンも増やしたくないしーというところで悩みます。
間取り図については初めて(というと失礼ですが)私達の満足のいく図面が出てきました。
今までは何か違う感のある間取り図案ばかりだったもので
予算はさて置き、図面は本当によかったです。

daiwa_02.jpg

1F間取り図の一部ですが、玄関から入ってリビング、納戸、トイレ、洗面室、オーディオルームと
全ての部屋へアクセスできる導線の良さがとても気に入りました。
また、キッチンから洗面室へホールを通らずにアクセスできるのもGOODです!

更にこの日はリビングサロンでの打合せということで
実際のキッチンや壁材、その他実物を拝見することも出来ました。
そして私の心を動かすことになるあれ・・・がありました。

ダイワハウスのキャンペーンで今、XEVOを建てると「マイクロバブルトルネード」という
いかにも水属性の必殺技のような設備が無料でついてきます。
なんでも浴槽に超ミクロの泡を発生させる装置だそうで
この超ミクロの泡が毛穴の老廃物をとってくれたり、温浴効果も高まるそうです。
事前説明では鼻で笑う程度しか信用していなかったこれですが
リビングサロンに体験装置が置いてあり片腕程度体験することができます。
例に漏れず体験していみると…コレイイジャン!
男の私でも欲しくなってしまいました。
これが全身で使えて、しかも無料で付くのならー・・・
こんな些細な理由ですが、この時私の中ではダイワハウスにしようと8割方意思が固まりました。

それなら積水ハウスさんで同じもの付ければいいじゃんと思う方もいると思いますが
他にもダイワハウスさんでは多くのオプションが無料、または標準装備でついてきました。
その一つが蓄電池です。
これもキャンペーン中で無料(※)で大容量(6kw)の畜電池がついてきます。
※ダイワハウスの補助金と公的な補助金併せて無料
正直、最初は太陽光発電さえあればいいと思っていたし
無料で付いてくるならラッキー程度にしか思っていませんでした。
もちろんお金出してまでつけたいとは思っていません。
そして次に天井埋め込み型空気清浄機「換気浄化ef」
これも小学生以下、または65歳以上の方がいる契約者に無料でついてきます。
ラッキーな事に対象になっているのでこれも無料です。

一つだけなら「あればラッキー」ですが
3つ重なるとやはり考えます。
2社を比べても免震構造や断熱性では、大きな差が無く
それでいて何もついてこない積水ハウスさんより料金が安いとなれば…
そこまで無理して積水ハウスさんにするメリットもないなーという考えになります。

大手ハウスメーカーの中で設備性能に大差が無い中、どこで差別化を計るのかというと
やはりこういう所ではないのかなと思います。
特に私達夫婦のように予算に余裕が無いものからすれば。

もう1点、ダイワハウスさんに決めようと思った理由は
担当営業がすごくノリの良い方で
今回、大型水槽設置に関してかなり細かく、それこそミリ単位で指示したにも関わらず
熱心に対応してくれて更にこちらが思いつかないようなアイデアも提供してくれました。
壁を抜きにした際の仕舞いやカウンター天板の設置。
更に現場で出来る造作については追加費用をあまり請求されませんでした。
(カーテンボックスや壁裏補強等)

両親、姉に続く3軒目で更に同じ担当ということもあってのことだと思いますが
それでもこういった対応に関しては感謝ばかりです。

そんな事もあって私の中ではほぼほぼダイワハウスさんに決定しました。
ただ、もう一度積水ハウスさんにも最終価格を提示していただきたかったので
少し無理を言いましたが積水ハウスさんの担当にアポをとりました。

上記が5月3週目末のお話です。

次は積水ハウスさんと3回目の打合せです。
積水ハウスさんとは次で最後の打合せとなります。
当日、かなり私の印象を悪くするイベントが起こります…。
お楽しみに。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ : 家を建てる
ジャンル : ライフ

プロフィール

ごーょし

Author:ごーょし
夢のまいほ~む

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。